スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

ナイナイ岡村がセックスの途中で靴も履かずに飛び出した真相について語る宮迫

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.3 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 168)ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.3 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 168)
(2011/05/19)
ナインティナイン

商品詳細を見る


宮迫「岡村に俺が紹介した、
当時俺が付き合ってた子の友達を気に入って
『僕、付き合いますわ。奈良で、どうにかなってきますわ』と、
じゃあがんばってこいと」


矢部「21歳のときですよね」


宮迫「次の日ですよ。岡村が
『兄さん、僕オトナになりました』って言って。

『やったやないか』と。

一回そうなってしまうと、もう猿ですからね。
テンション上がってもうて、
『兄さん、今日も奈良行ってきますわ』と」


矢部「結構、遠いですよ。大阪から奈良」


宮迫「言うた次の日、
天素のダンスの稽古の時に、そっと俺の所に来て、
『宮迫さん、不潔や!女は不潔や!』っていきなり言ってきて
『一体どうしたんや?』と…

アイツ、お気に入りの靴無くなってたんやで。

あることがあって、靴も履かんと外に飛び出して来たんやで。

これほんまええんかな、言うて…」


矢部「大丈夫ですよ。
そんな話は本人は言ってないですもんね。
トラウマの話はしてましたけど」


宮迫「だから、これを具体的に話すことが
良いのかどうか分かりませんけども…

『どうしたんや?』と、正直、岡村さん、泣いてはりましたよ。

『不潔やぁ、不潔やぁ、不潔や…!』言うて。

『落ち着けと。どうしたんや?靴も履かんまま、どうしたんやおまえは?』と。


実は、二回目の交わりですよ。大好きになった彼女と。
素敵なことじゃないですか。その時はまだ二回目ですから」


矢部「ああ、二回目があったんですか…?」


宮迫「そうなんですよ、二回目で、
岡村さんもまだ慣れてないので、ちょっとモタモタするわけですよ。

同い年くらいの女の子やったので
まー、言うてもかわいらしい子ですから
過去そら彼氏もいたでしょうし
もちろんそういう経験は初めてではない子ですから
やたらとモタモタする彼氏なりたての岡村さんに
気を遣ったんでしょうね、上手く合体できるように、

腰に彼女がクッションをパッと挟んだんです。

あまりにもモタモタしてるから…」


矢部「助け船ですよね」


宮迫「メッチャええ子やんか!男からしたら。
メッチャええ子やのに、それを見たときに…

『この子ォ、慣れてる…!

色々経験やってる…、、

ふ、不潔やぁぁぁぁぁ!!!』

って言って、部屋を飛び出したんですよ。靴も履かずに…」


矢部「なんで靴を履かないんでしょうかね(笑)」


宮迫「それを、俺のせいにするんやで。

ほんで、これだいぶたってから
岡村にも10年以上たってから告白したけど、

その後に、俺が家にいたんですよ。
数週間後かな。
岡村くんは彼女からの連絡を一切無視してたんですよ
家でも居留守使って、

俺の彼女は友達なわけですからその子と。

それである日ですよ、
ピンポーンとオートロックの下じゃない
上のチャイムが鳴るわけですよ。

当時、キャーキャー言われてましたから、
『ちょっと、痛いファンの子が中まで入ってきとるぞ』と思って、
ガチャっと開けて『何?』って言ったら、
なんと岡村さんの彼女ですよ。

後輩に紹介した彼女ですよ。

それでね、後輩のしたことで俺、
その子にフルスイングでビンタされてん」


矢部「(笑)なんで!?」


宮迫「『なんていう人紹介すんのよ!』と」


矢部「ああ、そうか。ずっと連絡してても無視してたから」


宮迫「俺…、あいつに言わへんかったけど…
ショック受けると思って、

俺、女にビンタされたの生涯それ一回だけやからな!関係ない女の子に!」


(2010年11月18日放送 岡村休養中のナイナイANNより)


スポンサーサイト
ブログパーツ
プロフィール

  

Author:  
メール→boinngerionn@gmail.com

ツイッター
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。