スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

「ソウルリーバー2」(洋ゲー)について語る向井秀徳

ソウルリーバー2ソウルリーバー2
(2002/02/14)
PlayStation2

商品詳細を見る


向井「鬼武者の西洋画みたいなのかと思ったんですけど、
全然違うんですよ。

遅いんですよ、動きが。

主人公のやつがいちいち止まって
変な台詞を言うんですよ。

『この宮殿のなんと…
この宮殿の壁面から漂うこの血の臭いは…』みたいな。


俺にそんな時間はないんですよ。
『いいから、はよ行けよ!』って感じで。

そういうのをあらかじめ表記しとけと。

『このゲームは動きがノロいし、セリフが長いですよ』って。


ゲームを作ってるオタクが『文学性を持たせたい』とか
そういう余計なことを考えてるんですよ、きっと…」

スポンサーサイト
ブログパーツ
プロフィール

  

Author:  
メール→boinngerionn@gmail.com

ツイッター
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。