スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

【まとめ】園子温「ヒミズ」、ベネチアで8分間スタンディングオベーション

sono1_large.jpg



園子温監督の最新作「ヒミズ」が9月6日(現地時間)、
第68回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で公式上映された。

園監督は海外の映画祭での知名度は抜群なだけに、
会場となった「Sala grande」は満員御礼。

上映終了後には約8分間におよぶスタンディングオベーションが沸き起こり、
場内の園監督、主演の染谷将太、二階堂ふみは感慨に浸った。


同作は、「行け!稲中卓球部」で知られる古谷実がギャグを封印し、
心の闇に焦点を当てた人気漫画の映画化。

舞台を東日本大震災後の日本に移し、
普通の大人になりたいと願う少年と愛する人と生きることを夢見る少女が、
異常な日常にのみ込まれていく姿を描く。


上映終了後、同映画祭としては初となる
レッドカーペット上での囲み取材を敢行。


園監督は、

「日本映画の夜の上映でこんなに人が入るのは珍しいので、うれしく思いました。
日本人のために作った映画ですが、海外の人たちに理解されたことがうれしい」

と笑みを浮かべた。


人生初のレッドカーペットとなった主演ふたりは、
「緊張したけれど、思ったよりもリラックスして楽しめました」(染谷)、
「楽しかった。監督に『どっきりだよ』と言われました(笑)」(二階堂)と堂々と話した。



園監督は、上映前の公式会見では被災地で撮影したことを告白。

多くの人に反対されたというが、

「自分の中では葛藤(かっとう)がありながらも、
ここで現地に入らなかったら一生後悔すると思った」と説明した。


そして、

「10年前に書かれた漫画は、終わらない日常の退屈さ、
むなしさみたいなものが若者の意識の中にあったが、
3月11日の震災を受けて“終わらない日常”から“終わらない非日常”が
当たり前になってしまった。そういう若者を描きたかった」と語った。



受賞の期待もかかるが、

「賞は取れたらうれしいですが、賞にはこだわらない。とりあえず、
世界の人に作品を見てもらえたことがうれしい」

と、あくまでも自然体。未成年の染谷は、戴冠した際の祝杯は「水ですかね」と笑わせ、和ませた。






6 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


園子温ってこんな顔だったっけ




8 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


>>6
園子温も年食ったわな。俺も歳をとるはずだw




91 名前:名無しさん@恐縮です[]


>>8
男だったんだね、あなたのレスで確認できましたw
今日まで変わった名前の女の監督と思ってた



16 名前:名無しさん@恐縮です[]


えんしおん監督?



10 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


男だったのか
10年くらい女性だと思ってたわ(´Д` )



62 名前:名無しさん@恐縮です


>>1
園子温て男だったのか・・・



63 名前:名無しさん@恐縮です


>>62
オレも今の今まで女だと思ってた・・・・w



74 名前:名無しさん@恐縮です[]


女じゃなかったのかよ監督



75 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


つーか、あの作風でどうやったら女とか思うんだよ
粘着気質のサブカル中年男丸出しの作風じゃん





9 名前:名無しさん@恐縮です[]


なんか訳の分からない疾走感があるんだよなこの監督
好きじゃないのに引っ掛かる
二階堂ふみは熱海の捜査官で気になってたし、これは観たい




24 名前:名無しさん@恐縮です[]


アゴなしゲンの人と稲中の人は
人間がずっと絵を描く仕事を何年もつづけていれば
どれほど画力が発達するかおしえてくれた

ただしガモウ、おまえは





29 名前:名無しさん@恐縮です

え?地震ネタに使ってんの?最悪だな。

モラルとかじゃなくて監督としての実力ないっつってるのと同じじゃん



34 名前:名無しさん@恐縮です[]


地震を直接ネタにしてるわけじゃないよ。
ただ原作とは諦めの扱い方が180度違う。
あれ見てこの時期にあの結末にはできなかったんだろうけど、
次期的にチートと言われればそう。



106 名前:名無しさん@恐縮です[]


地震をネタにだとか言ってるやつ多いけど、
震災後の日本の復興や政治を世界中が注目してるのと同じく、
映画監督やクリエイター、
アーティストだって同じ畑の人間から注目もされるわけで。
自分が出来る事で震災後を表現するのは当たり前の事だと思う。


それを無視しちゃう方がよっぽどおかしいよ。




81 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


昔、友人の付き合いで「部屋」って映画の鑑賞券買わされた。
30分我慢したがつまらなさに耐えきれず途中で映画館を出た。
オレが生涯で唯一途中退場した映画だ。
「冷たい熱帯魚」は途中までは面白かったがラストでしらけた。



45 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


古谷実の漫画って、女は可愛い奴は滅茶苦茶可愛いけど、ブスには容赦ないな。
男は基本ブ男が多い。


65 名前:名無しさん@恐縮です[]


ヤンマガの最終回ラストが原作と少し違うんだっけか
それを見たいな



61 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


さえない地味男が、性格も外見も最高の女に好かれてセックスするが、
その後、異常な犯罪に巻き込まれるという話を3作連続で描いたが、
この人は引き出しが一つしか無くなったみたいだ


72 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


すごい作家ほど、同じテーマをいろんな角度から、
あるいは、より深く表現し続けるとか言ったりします

うだつの上がらない少年と
その少年に惚れる少女という設定は同じままで以下の違いがある


○ヒミズ(中学生
目的だった普通の大人になれずに自殺してしまう


○シガテラ(高校生
目的だった普通の大人になれる
但し、恋人とも破局する


○わにとかげぎす(フリーター
フリーターのまま、恋人と結婚
但し、殺されるエンドと紙一重


○ヒメアノール(フリーター
友達もできて、恋人ともうまくいく
(最初は三角関係を描こうとしていたが、
途中で生まれつきの殺人者が主人公にという感じで、

現代の『普通』という価値観に対して、
どうやって説得力ある物語を表現できるか、
という辺りが古谷さんの興味の中心で、そこにこそ真骨頂があります



稲中、僕と一緒等からずっと、
『普通』という価値観をいろんな年齢や角度から相対化してきたと見れば、
形式が当初のギャグから現在のシリアスに変わっただけで、
同じことなんだろうと思います

ヒメアノールで、特殊の極北にまで踏み込んだので
次が難しそうですが楽しみな作家さんです



124 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


グランプリ取るよ、多分



128 名前:名無しさん@恐縮です[sage]


映画祭でのスタンディングオベーションの長さは評価の証し
すごいわ
コンペ出品だろ 賞イケるかもな


135 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日


>>128
いやいや、立って拍手はほとんど礼儀となってるよ。
どんな糞映画でも映画祭のコンペのマナーとして5分くらいは拍手が続けられる。


今回は結構長いし、本当に面白い映画なのかもしれんが


=================================


★僕は漫画「ヒミズ」は毎週ヤンマガで必死に呼んでいたので
単行本化された際のラストの変更の驚きは
今でもよく覚えている。
僕は「なにそれ」賛成派だ。





ヒミズ[拡散する魔]編 (プラチナコミックス)ヒミズ[拡散する魔]編 (プラチナコミックス)
(2011/06/22)
古谷 実

商品詳細を見る



スポンサーサイト
ブログパーツ

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

  

Author:  
メール→boinngerionn@gmail.com

ツイッター
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。