スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ

ねこぢるについて語る松尾スズキ

インドぢるインドぢる
(2003/07)
ねこぢるy

商品詳細を見る


松尾スズキ
「悪者もいい人も平等にひどい目に遭う、
その世界観に共感を覚えます。

個人的にはインド旅行に行ったやつが好きです。

マリファナトリップの表現は、
かつてないほどリアルで魅力的でした。

達観と絶望の混在するサマは、
まさに今、という感じ」

(2000年文藝より)
ブログパーツ

【14人目】玉木宏の好きな映画

BULLY / ブリー [DVD]BULLY / ブリー [DVD]
(2003/11/21)
ブラッド・レンフロ、ニック・スタール 他

商品詳細を見る


●BULLY ブリー(02年 ラリー・クラーク)

玉木「実際にあった事件を基に作られた作品だけど、
芝居というよりも登場人物の心情が
すごくリアルに伝わってくる作品」


●トゥルー・ロマンス(93年 トニー・スコット)

「ラブストーリーだけど古さを感じないというか
ああいう一途な恋愛をしてみたいと思った作品」


●少林サッカー(01年 チャウ・シンチー)

「映画館で初めて大笑いしてしまった作品。
ありえないストーリーだけど見入ってしまって
後になってインタビュー記事を見ていたら
キャプテン翼を題材にと書いてあって何故だか悔しかった…」


-----------------

★ラリークラークの「キッズ」で脚本を書いた
ハーモニーコリンがヘロイン打ちながら、
ファイトクラブみたいに街中の知らない人にいきなり
喧嘩ふっかけて何十人にボコボコに殴られたあげく
警察に逮捕、入院を繰り返す実録ドキュメント映画はいつ観られるんだろう。


ブログパーツ

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

【13人目】押井守の好きな映画

エレメント・オブ・クライム [DVD]エレメント・オブ・クライム [DVD]
(2004/12/22)
マイケル・エルフィック、ミー・ミー・レイ 他

商品詳細を見る


●エレメント・オブ・クライム(84年 ラース・フォン・トリアー)

「廃墟、ゴミ、鉄砲、戦車、探偵、犯罪…
これらに加えて犬、鳥、魚の三種の神器の
どれかが絡めば大体どんな映画でも見るに値すると考えています。


廃墟と水、それにゴミ(廃棄物)の
尋常でない美しさという点でいえば
『ストーカー』ですが、映画自体のいかがわしさからすると、
やはり、『エレメントオブクライム』を挙げざるをえません。


瓦礫の山から馬の水死体、
果ては女の裸体に至るまで
ひとなみに染め上げる黄金の光は、
あらゆる現実を虚構に変換し続ける映画の意思
そのものといってよいと思います。


ここ数年で最大の収穫。観るたびに映画を作る勇気が湧きます」



★ラース・フォン・トリアー版ブレードランナーと言われる本作。
近年のトリアー監督が作る映画に比べると
ひねくれすぎてなくて、ある意味まともな映画である。
ブログパーツ

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

【12人目】ARATAの好きな映画

ヤン・シュヴァンクマイエル 短編集 [DVD]ヤン・シュヴァンクマイエル 短編集 [DVD]
(2000/09/21)
ヤン・シュヴァンクマイエル

商品詳細を見る

●ヤン・シュヴァンクマイエル 短編集(65~92年)

●ノスタルジア(84年 アンドレイ・タルコフスキー)

●機動戦士ガンダム、
同Ⅱ哀・戦士編、同Ⅲめぐりあい宇宙編(81~82年 富野喜幸)


------------------

★シュヴァンクマイエル「悦楽共犯者」、
ヘネンロッター「バッドバイオロジー」、
コーエン「バーンアフターリーディング」は
重要オナニーマシーン映画である。


ARATAは若松孝二監督の新作
「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」で
三島役を演じる。
ブログパーツ ブログパーツ

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

【11人目】蒼井優の好きな映画

ホワイト・オランダー [DVD]ホワイト・オランダー [DVD]
(2003/10/24)
ミッシェル・ファイファー、レニー・ゼルウィガー 他

商品詳細を見る


●ホワイトオランダー(02年 ピーター・コズミンスキー)

「洋画で唯一、繰り返し観ている作品です。
脆く儚い複数の愛を繊細に描いた美しい作品です。
母と娘を描いた作品は少ないので、
それも手伝ってとても印象に残っています」

●顔(00年 阪本順治)

「私はこういう淡々とした描き方をしていて
感情の変化(中面の顔の変化)を大切にしている作品が大好きです。
作品の表面は淡々としているのに、中面が急速に変化していく、
その差がおもしろい」

●リリィ・シュシュのすべて

「初出演の作品で、
私の人生を大きく変えることになった作品です。
この作品と出会っていなければ、
私は役者を辞めていました」



★昔、キットカット版「花とアリス」の
メイキングを観ていたら蒼井優が先輩役の男の子に
「あ!芸能人だ!テレビ出てる人ですよね!?
うわぁ~ 握手して下さーい!」 と駆け寄り
男の子が手を差し出すと寸前で手を引いて
「やめてぇぇぇ~!!(笑)」 と
ふざけ合っている姿が印象に残っている。

映像で観ると不快感はなく微笑ましいのだが、
これやられたら自分はキョドるだろうな…と当時思った。
ブログパーツ ブログパーツ

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:  
メール→boinngerionn@gmail.com

ツイッター
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。